船体上部の塗装1

次に船体の上部を塗装する為に下部のマスキングを行います。

a0094913_1419847.jpg


覆う部分が多いので、紙でマスキングをします。

a0094913_14194926.jpg


「ブラック」+「ホワイト」で「グレー」を調合してエアブラシで吹き付けました。

a0094913_14203739.jpg


a0094913_14205350.jpg

[PR]
# by 500yamato | 2007-07-13 14:20

船体下部の塗装

いよいよ、船体を「スーパーイタリアンレッド」で塗装します。綺麗にグラデーションが浮き出るかな?

a0094913_894170.jpg


デジカメで撮影するとコントラストが付きすぎてグラデーションが飛んでしまいます。

a0094913_8105695.jpg


実際は、なかなか、いい味のグラデーションが出ていると思いますけど・・・

a0094913_8114079.jpg


a0094913_8115731.jpg


やっとヤマトらしい色になってきたな。

a0094913_8122367.jpg


「クリアー」のつや消しで塗装の保護と「つや」を落ち着かせます。

a0094913_8134112.jpg

[PR]
# by 500yamato | 2007-07-12 08:13
さらに、クリアレッドを加えて濃いピンクを作ります。

a0094913_9343774.jpg


前回、塗装したピンクグラデーションの内側に塗装していきます。

a0094913_9324418.jpg


ますます不気味な様相になってきました。

a0094913_9332553.jpg


a0094913_933495.jpg

[PR]
# by 500yamato | 2007-07-11 09:33
赤色塗料の隠ぺい力の弱さを利用して、グラデーション塗装に挑戦します。全体に塗装したピンクサーフェサーにさらにクリアレッドを加えます。

a0094913_8194147.jpg


そのピンクでグラデーション塗装の部分にエアブラシで吹き付けていきます。最初はかなり太い線で描きます。

a0094913_8214598.jpg


a0094913_8222553.jpg


随分と気持ちの悪いヤマトになってきたな~

a0094913_8225591.jpg

[PR]
# by 500yamato | 2007-07-10 08:21

下地の研磨

広範囲にサーフェサーを吹き付けると、どうしても多少、梨地になってしまう所が出てきてしますので、1000番のペーパーで研磨しました。

a0094913_84345.jpg


研磨をしながら、ふと、思ったのですが、「カーモデル」なら塗装→研磨→塗装→研磨が延々と続くのですが、戦艦のようなスケールモデルは、吹き跡も上手に利用してリアリティを持たせるのかな・・・なんて。

a0094913_8453455.jpg


カーモデルしか作った事が無い私は、とにかくツルツルに研磨しました。

a0094913_8461083.jpg

[PR]
# by 500yamato | 2007-07-09 08:46