船体の下地処理

まず、船体の下部を赤に塗装する為にサーフェサーを塗装しますが、赤の発色をよくする為にピンクのサーフェサーを作ります。ホワイトベースにクリアレッドを加えます。

a0094913_12344687.jpg


マルチミキサーで十分に掻き混ぜます。これは、プラモデル専用ではありませんが、なかなか重宝しています。

a0094913_12354893.jpg


全体をムラなく、塗装しました。

a0094913_12363036.jpg


a0094913_12364857.jpg


上部も傷消しの意味で塗装します。

a0094913_12373461.jpg


爪楊枝工作も分からなくなりました。

a0094913_1238422.jpg

[PR]
# by 500yamato | 2007-07-08 12:38

手摺2

まずは船体の前の部分の両サイドに接着しました。このあたりは、比較的、簡単です。

a0094913_96526.jpg


そして、難問は、パルス砲の周りの手摺でした。狭くて、周りの部品がじゃましてなかなか綺麗に接着ができません。何度もやり直して、やっと・・・

a0094913_984566.jpg


曲がりくねっている部分は特に大変でした。

a0094913_992658.jpg


それでも、何とか仕上げて、次は、いよいよ塗装です。

a0094913_9103511.jpg


この手摺・・・よっぽど近くで見ないと気がつかないよな~
「宇宙戦艦」って宇宙と飛ぶのだから手摺は必要ないのでは・・・との突っ込みは止めましょう。(笑)
[PR]
# by 500yamato | 2007-07-03 09:11

手摺1

組立てもほぼ出来上がって、次は塗装。。。と思ったのですが、ここでトンでもない事を思ってしまいました。

船なら、やっぱり、甲板に「手摺」が欲しいよな~
--------------------------------------------------------------
c(゜-゜;)ヾ(-_-;) オイオイ...、もともと、この製作は1/350スケールヤマトの練習用に始めたんじゃなかったけ・・・
--------------------------------------------------------------
そんな事は、すっかりと忘れて、模型店に走っていました。
そして、購入したのが、「1/700ウォーターライン専用パーツ」でした。
やはり、これも、「プラモつくろう」の受け売りで、1/500を使用するよりも1/700を使用した方が船体を大きく見せる効果があるそうです。

a0094913_10594487.jpg


試しにちょっとだけ付けてみました。

a0094913_1101713.jpg


おっ!なかなか良い感じじゃない!

a0094913_1111127.jpg


しかし、この時点では、この作業が、いかに大変かを知りませんでした・・・
[PR]
# by 500yamato | 2007-07-02 11:01

波動エンジン

波動エンジンも組み立てて合わせてみました。

a0094913_18312154.jpg


a0094913_18334011.jpg

[PR]
# by 500yamato | 2007-07-01 18:33

ここまでの成果

調子に乗って写真をパシャパシャと撮りました。

a0094913_8194776.jpg


a0094913_8202096.jpg


a0094913_8204518.jpg


a0094913_8211520.jpg

[PR]
# by 500yamato | 2007-06-30 08:21